2005年7月17日(日)   病院へ行きました。

昨日、病院へ行ってきました。

やっぱり気になるので、折れた歯を見てもらうことにしました。
それと1ヶ月前から様子を見ていた かゆかゆ。痒み止めの注射は1週間くらい効きましたが、その後 また痒がるようになり、最近では掻く箇所も頻度も増えて、ひどくなる一方です。前回、先生との話で『食べ物で様子をみる』ことにしていましたが、1ヶ月で私がギブアップ。昨日、アレルギー検査をしました。

c0060620_0102152.jpgいつものことですが、はな、診察台の上でじっとしてません。台に降ろしたとたん、横にいる私に抱きついて「いやぁ~!ママ、帰るぅ~!ここ、怖いのぉ~!!!」 って大騒ぎです。
先生が歯を見ようとしても、顔をブンブン振り回して拒否。とにかく逃げようと必死です。

思わず、「先生、はな、咬むかもしれません・・。」って言ったら、

「さあこさんだったら、はなちゃん口開けてくれますか?」

 
c0060620_0135757.jpg
私がはなを抱え込んで、「はなちゃん、終わったら
チーズあげるからね。いい子してねぇ~。」 となだめながら唇を押し上げ、先生に歯を見ていただきました。
最初は良く見えなかったようで「歯石がとれただけなんじゃぁ・・。」 と言われました。
歯の折れ方と触った時のはなの反応をもう一度詳しく
説明して、左右の歯を見比べていただくと、先生「ああ、ほんとだ・・。」とちょっと考えこんだ顔になりました。
先生は獣医さんで、歯医者さんじゃないので大変です。


c0060620_0174096.jpg
「歯髄が見えるほど折れるかなぁ・・。でも、もしそうだとしたら、ほっといて治るものじゃないから、何とかしてあげないと ずっと痛いままですもんねぇ・・。」 と。
昨日は院長先生が不在だったので、「院長に相談してみます。」ということで、炎症剤と抗生物質を3日分いただきました。結局はなの歯は、もう少し様子を見ることになりました。



c0060620_0335278.jpgアレルギー検査のため血液採取をする時は、
はな、良い子でした(^^)
最初、看護婦さんに押さえ込まれた時は、
「きゅぅぅぅ~~~ん・・・。」って悲しそうに小さく一声。
その後は 約10cmの注射器一杯の血液を採取している間、おとなしくしてました。
血液採取前に「終わったらチーズ!」を連発したかいあってか、採取の直前と途中で、診察台の上によだれを“たらぁ~り♪” 私は、はなの斜め後ろに離れて立っていましたが、「“チーズ” の事を考える余裕はあるんだなぁ・・。」と、ほっとしながらはなの後姿を見てました。

アレルギー検査の結果は10日後。
結果が出れば、対処法も考えることができるので気がラクです。

気になるのは、やっぱり歯!
ピンクに見えたものが歯髄じゃありませんように!!! と祈るばかりです。
[PR]
by hanabanchi | 2005-07-17 22:35 | 歯科治療